印鑑ケースを探す

印鑑ケースイメージ

今回は印鑑のケースについて考えてみたいと思います。

印鑑ケースは、ハンコを作るときに一緒に考える方が多いのではないでしょうか。
ハンコをそのまま持ち歩くのは、紛失のおそれや防犯面から、お勧めできません。

ハンコは朱肉をつけて使うものですから、そのまま持ち歩くと、バッグやポケットの汚れが避けられません。
だから、何らかのケースに入れて持ち歩くのが一般的だと思います。

これを念頭において、ハンコを購入したとき、どのような印鑑ケースを用意するのが良いのか考えてみましょう。

印鑑ケースは大きく分けて、本皮、合皮、エナメル製などで、布で内張りしてあるものと、全体がプラスチックで、お手ごろなものとあります。
どちらを選ぶかは、どのようなハンコを入れるのかという一言につきそうですが、それだけでは味気ないですね。

私の個人的な経験ですが、プラスチック製のほうがケースの本体とふた部分が分離しやすく、中のハンコが落ちてしまうことが何度もありました。
かばんなどに入れて日常的に持ち歩くには、お勧めできません。 本皮などのものは、引っかき傷に弱いのが難点です。

プラスチック製のものを買って、自分でデコるのもおしゃれですね。最近は合皮やエナメルのもので、カラフルなもの、小花やウサギなどがあしらわれて、見ているだけで楽しいものが出ていますよ。

えっ?印鑑ケースといえば黒じゃないの?という方。ちょっと古いですよ。
ぜひ、ハンコやさんに行ったら、ハンコだけでなく、印鑑ケースも見てみてください。

ページの先頭へ