むやみに押さない捨印

捨て印イメージ

日常で「ここに判をお願いします」と言われる事が何と多いことでしょう。
宅配便の受け取りや書留の受け取りはもちろんのこと、役所手続き、銀行手続きは全てハンコが必要ですね。
職場でも、「ここに判を押してください」とよく言われるのではないでしょうか。

ともすると、『判を押す』という行為に慣れすぎてしまう場合があります。
慣れすぎると、書かれている内容をよく読まないでハンコを押してしまうこともあるのではないでしょうか。

大概の印鑑はそれだけで取り返しがつかなくなることは、あまりありません。なにかしら、取り返しの手段があるはずです。

しかし、実印だけはなんともなりません。実印は印鑑登録された公的な裏づけのあるハンコだからです。

「捨て印」と称する書類の欄外に押すハンコは注意が必要です。
「万が一、訂正事項があった場合に、わざわざお越しいただくのも申し訳ないので・・・」などの言葉につい、押してしまいがちですが、実印を押すほどの大きな取引の場合、悪用されたときの被害も大きくなるので、安易に押してはいけません。捨て印はそれを利用して、書類内容をどうとでも変更できる恐ろしいハンコです。
もし、どうしても押さざるを得ないときは、書類完成後、確かに消してもらえるよう確認しましょう。

はんこを押す行為はどんな印鑑であれ、それなりの責任を伴います。納得がいかない捺印は拒否する心の強さも必要です。

ページの先頭へ